ジャパン・アーマードバトル・リーグ

ジャパン・アーマードバトル・リーグは、2013年日本で初めてアーマードバトルの公式戦を行うために結成された。

ジャパンアーマードバトル・リーグ TEL:080-3690-8657
ルール
JABLとは?
装備(アーマー)・防具および武器(スポーツウェポン)
ファイターの装備(アーマー)には、14~15世紀に実在した素材を使用すること。  
 使用可能な素材……鉄、皮革、木綿、麻など  
 使用不可の素材……プラスティック、チタン、化学繊維など

アーマーの形状は、14~15世紀に実在したデザインであること。
 また、全身を同一の時代、同一地域で統一すること。
 (例:15世紀イタリアのヘルムに、14世紀イギリスの鎧、という組み合わせは認められない)

アーマーの装甲は国際基準に基づき、全身が覆われて安全であること。
 チェインメイルのみなどのライトアーマーは使用不可。

盾の素材はおよび形状はアーマーの規定に準ずる。  
 使用可能な盾……鉄・木製・ラタン製・皮革製のバクラー、侍用の防具としての小太刀

スポーツウェポン(以下SW)の素材および形状はアーマーの規定に準ずる。  
 SWのブレード部分は刃挽きされていること。また、先端部分は鈍角であること。  
 使用可能な素材……鉄および木製の柄に鉄のブレードをつけたもの。  
 使用不可の素材……上記以外  
 使用可能なSW……片手剣(ワンハンドソード・太刀・ワンハンドアクス・メイス)
          両手剣(ツーハンドソード・野太刀)
          ポールアーム(ポールアクス・薙刀)  
 使用不可のSW……槍、ダガー

競技種目
①デュエル
 1対1の個人戦。双方、同じSWを使用して戦う。以下の3カテゴリーがある  
 ・片手剣&盾  
 ・両手剣  
 ・ポールアーム

②メーレー
 団体戦。3対3、5対5、16対16など。SWの選択は自由。

デュエル・メーレー共通ルール
【許可されている行為】
 相手の足を引っかけること ②盾による攻撃(※ただしソード&シールドでは顔へのシールドパンチは禁止)
 SWで相手を押さえつけること(※ただし首以外)
 SWを持っていない相手を攻撃すること
 敵のSWを押さえつけること(ブレードはNG)
 片手にSWを持っている状態で、もう一方の手で敵を攻撃すること
  ※ただし、デュエル戦ではカテゴリーごとのルールがあるので確認すること。

【反則(禁止)事項)】
 突き(ただし両手剣およびポールアームのポンメルでの突きは有効)
 落ちているSWを拾って使うこと
 足首より下の足・ 首・喉・股間・膝の裏・背骨への攻撃。 膝横へのキック(膝正面はOK)
 首を絞めたり、ひどく締め付けること。関節を不自然な方向にひねること
 スープレックスや必要以上に激しい攻撃、キック、パンチ
 転がりながら戦うこと/地面に横になっての攻撃
 相手の首をひねること
 SWの柄で敵の顔面を攻撃すること
 武器を持っていない場合、敵を攻撃したり,妨害してはいけない。
 ヘルムの縁を押したり、引っ掛けたりすること ⑪背骨への攻撃
 うつ伏せ、あるいは膝をついている、あるいは掌を上げている敵への攻撃
 90°以上屈んでいる選手の頭や首を攻撃すること
 SWをコントロールしていない状態でむやみに振り回すこと
 手やSWでフェンスを掴むこと
 戦いから外れた時点で立っていること
 その他マーシャルが危険と判断した行為
 
  ※禁止事項の行為をおこなった場合はイエローカードカード。
  イエローカード2枚でレッドカードとなり、退場となる。メーレー、デュエル戦共通。

デュエル個別ルール
【デュエル/3カテゴリ共通】
 勝敗はポイント制。ポイント=相手に与えたヒットおよびダウン数(後述)
 3ラウンド制で、2ラウンド先取した選手が勝ち。
 1ラウンド=1分(※ただしJABLのイベントによっては変動あり)
 ラウンド間の休憩=1分。各カテゴリー共通。

【デュエル/ソード&シールド (片手剣&盾)】
  ●有効ポイント
  相手の体の有効部位(頭・体・腕・脚)へのヒットは1ポイント
  武器を落としたら相手に1ポイント
  倒れたら相手に1ポイント
 ●ルールの詳細
  シールドでの押しはOK(顔面は禁止)
  有効部位(頭・体・腕・脚)へのシールドフロントおよびシールドエッジでのパンチはOK.
  相手を掴んだり、投げ、キックは禁止
  股間、足の甲、膝の裏側への攻撃は禁止
  相手の手(=手首から先)への攻撃はポイントにならない(※ペナルティにもならない)
 ※シールドのメタルハンドルは使用不可。バックラーのセンターグリップの場合はOK.

【デュエル/ツーハンドソード(両手剣)】
  ●有効ポイント
  剣のエッジによる相手の体の有効部位(頭・体・腕・脚)へのヒットは1ポイント
  ポンメルストライクは1ポイント ③武器を落としたら相手に1ポイント
  倒れたら相手に1ポイント
 ●ルールの詳細
  剣を両手で持ってのヒットの得点となる。片手でのヒットは得点にならない。
  相手を押したり、パンチ、キックはOKだが得点にはならない。
  相手を掴んだり、相手の武器を手で掴むのは禁止
  股間、足の甲、膝の裏側への攻撃は禁止
  相手の手(=手首から先)への攻撃はポイントにならない(※ペナルティにもならない)

【デュエル/ポールアーム】
  ●有効ポイント
  相手の体の有効部位(頭・体・腕・脚)へのヒットは1ポイント
  バット(butt)ヒットは有効で1ポイント ③武器を落としたら相手に2ポイント
  倒れたら相手に1ポイント
  Haftヒットは有効だがポイントにならない。
ルールの詳細
  ウェポンでの押しはOK
  両手で武器を持っての攻撃のみ有効ポイントとなる
  股間、足の甲、膝の裏側、首への攻撃は禁止
  相手を掴んだり、相手の武器を手で掴むのは禁止
  相手の手(=手首から先)への攻撃はポイントにならない(※ペナルティにもならない)

メーレー戦個別ルール
勝敗はダウン制。
 ダウン=選手の体の足の裏以外の部分が地面につくこと。
 試合終了時、立っている選手が多いほうのチームが勝ち。
3ラウンド制。2ラウンド先取したチームが勝ち。
1ラウンド:先に相手のファイター全員を倒したチームがそのラウンドを制します。
 バトルフィールドに残ってしているファイターが1vs4あるいは1vs5になったら終了。
 最長8分(※ただしJABLのイベントでは変動あり)
選手はSWを常に持っていなければならない。
 SWを落としてしまった選手は、その時点で負けとなる。
 だたし、サブウェポンを装備していた場合はそれを使用でき、仲間に渡すことも可能